【NZ ワーホリ】Tinderで知り合った積極的インドネシア人と出会ってきた Part 1

南半球からキオラー(こんにちはの意)。

 

ワーキングホリデーでニュージーランドに来ているヤツ等って、なんか知らないけど口を揃えて「オーストラリアの方が良かった」とか言うんだけど、あれなんで? そんなに楽しかったのオーストラリア? オレは全然 楽しくなかったんですけど?は?

 

 

 

ニュージーランドはオークランド、シティに住んでいます。井家と申します。Queen Streetで雨の日でもサングラスをかけている奇特なバカを見たら それはオレでしょう。最近 知り合った人に「ショウ君 そんなにグラサンかけてるとイキってると思われるからやめたほうがいいよ」とアドバイスされたけど、止めるつもりはない。せめてニュージーランドでくらいイキらせてくれよ。イキってるつもりは毛頭ないけど。自分でも雨の日はどうかと思うけど

 

 

 

さて、そんな平均して家賃(レント)が高いシティに住んでいる私ですが、あえてシティに住むメリットを一つ挙げるとするならば 「出会いがある」、ということではないでしょうか。海外に来ているヤツ、とくにワーホリなんて男女構わず 何か素敵な出会いを求める人が多いことだと思います。え、オレの偏見?

 

 

ということで、よく出会えるアプリとして(私の中で)評価の高い 「Tinder」を使って、27歳のインドネシアン淑女と出会ってきたので、それについてまとめます。なんか、先日 「あんまり出会い系とかについて書くとアドセンスから警告くるからやめたほうが良いよ」という有難いアドバイスをいただきましたが、そんなこと気にしているとこのブログで書くこと自体がなくなってしまうので、これからもどんどん書かせていただきます。

 

 

 

Tinder Memo

f:id:koppamizin007:20190319174715p:plain

参考にしたまえ 独身で海外に来ている青少年たちよ。

これが今回のTinderメモである。

 

 

マッチングした時間

f:id:koppamizin007:20190328181913p:plain

まずTinderを使う諸君、それも男性諸君に伝えたいのは スワイプをする時間もそこそこ重要だということです。スワイプって言うのは大雑把に言えば Tinderで出会うきっかけ作りのような作業のことです。

 

私も最初の頃は午後6時くらいにスワイプをしていたんですけど、Match(以下 マッチング)することはあるものの、会話が途切れてしまうパターンが非常に多かったんです、なんでだと思いますか?

 

 

そう、午後6時からの数時間って普通の人には結構 忙しい時間なんですよね。夕飯を作ったり、飲みに行ったり 課題をしたり、、 それに大抵の女性は引く手数多なので、自分からメッセージを送らなくても相手からバンバンきます。これはオレが実際に従妹の写真を用いてTinderの女アカウントを作り、1か月間 シミュレートしてみた経験から分かったことなので信頼できるでしょう。Twitterでもネカマアカウントを複数 作っていますが、結構 知らない男からメッセージがくるので、そういうものなのでしょう。

 

 

ということで やることがなくなってベッドに寝転がって携帯を眺めているような午後11時以降がベストスワイピング時間だと思い 親指と巧みに動かしてスワイプしていたんです。

 

 

すると

 

f:id:koppamizin007:20190328180845p:plain

 

そして、ほぼ同時に

 

Hello Sho! I wanna hang out with you!
(一緒に出掛けましょう、の意)

 

というメッセージが来たんです。女性から、それも初対面(正確には対面すらしていない)でお誘いを受けたのはもう衝撃的でした。「あぁ、ワーホリ、海外に来て良かった」と思える貴重な瞬間でした。多分 日本じゃ相当な顔面偏差値でない限りはこんなことはないでしょう。海外では相当 不摂生してない限りは誰にでもチャンスがあると踏んでます。

 

 

その後は持ちうる英語力をフル稼働させて会話を続け、気が付いた時には翌日の午後7時から夕食に行く約束をこぎつけていました。

 

無我夢中でした。私はあの状態のことをTinders high (ティンダーズ ハイ)と呼称してます。おそらく男、それも英語力も女性経験も少ないヤツにしか体験できない精神状態でしょう。会話を途切らせずに続ける英語力がグーンと上がった気がします。

 

 

実際に会うまでに要した時間 

一日、厳密に言うと20時間32分でした。

 

23時半くらいにマッチングをして、その日(正確には0時は回っていた)の内に翌日に会う約束になっていました。彼女は学生らしく、翌日の夕方5時以降ならば大丈夫ということで、夕食に行くことになりました。私の仕事も3時には終わるのでデートまでにもいくらか余裕が持てました。

 

 

 

インドネシアンは積極的なのか?

知らん。

そもそもインドネシア自体 行ったこともないし。というかこれまでにインドネシア人と会った記憶もないくらい。

 

ただ、彼女いわくTinderを使っている友達の中には自分から積極的に誘っている娘もいるそうでした。彼女自身は

 

Tinderを使って人と会うのは初めてなんだ~

 

 

という、オレがもう少し若くって猜疑心のないピュア童貞ならキュンとくるようなことを言っていました。童貞は童貞だけど、少々 歪んだ童貞なので色々 勘繰ってしまいました。

 

そういうわけでホントなのかは定かでないものの、私は次の日にそなえて フェイスマッサージを自分に施して就寝することに。気が付けば 午前3時で、翌朝 寝坊して職場には5分ほど遅刻してしまいました。「すみません5分くらい遅刻するかもしれないです」って連絡したらボスに笑われました。5分は誤差の範囲らしいです私の職場では

 

 

 

 

 

後半へつづく